『青島くんはいじわる』17話のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

青島くんはいじわる」第17話のネタバレと感想です。

本作は吉井ユウ先生の漫画で、めちゃコミックにて連載中です。めちゃコミックの上位ランキングに入るほどの大人気コミックです。まだ単行本の発売はされておらず、電子書籍のみで読むことができます。いじわる男子とのラブキュンストーリぜひお楽しみください♪文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

⇐前の話

【青島くんはいじわる・17話ネタバレ】

 

――傘もささず抱き合う二人

 

通行人の視線がこちらに向いています。

 

急に振り出した雨。

青島は、近くのコンビニで傘を買っていました。

そこへ歩いてくる雪乃の姿を見つけます。

追いかけてきた雪乃のすがたは、サンダルに家着で東京の町では浮いていました。

 

雪乃は雨の中、傘もささずにしゃがみこんでしまいます。

青島は、ほっておけずに駆けつけてきてくれました。

雪乃は会えてよかったと青島にしがみついて離れません。

傘は二人の足元に落ち・・・。

 

2人は雨の中抱き合います。

 

青島に会えた安心感で雪乃の心はいっぱいになっていました。

青島も雪乃を抱きしめます。

 

我慢するのをやめたと、青島は雪乃を持ち上げお姫様抱っこをします。

サンダルの雪乃の足が濡れないようにね。青島は笑います。

周りの目を気にして赤面する雪乃。

 

 

2人は傘をほおりだし、雨の中家に帰ります・・・。

 

シャワーを浴びる二人。

服はまだ着たままでした。

 

青島は、小さなキスのシャワーを雪乃に降らせます。

やっと心を通わせることができた二人です・・・。

 

 

好きだから一緒にいる当たり前のことがいつの間にかできなくなって・・・。

これが正しいかなんてわからないけど・・。

 

青島がベットで目を覚ますと、深夜まで雪乃は仕事をしていました。

起こしちゃった?と青島を心配する雪乃。

 

そんな雪乃にどうせ一人で帰っても眠れなかったとかわいいことを言う青島・・・。

女の子みたいな発言に笑いだす雪乃。

 

青島は、頑張っている雪乃にコーヒーを入れてあげます。

そこで2人は自分の事を素直に話し合うことができました。

 

雪乃は、自分はもう十分幸せな生活をしていると思っていました。

それでも、青島の言葉に動揺する自分を見て自分でも知らないうちに結婚にこだわっている自分がいて・・・。

こうして一緒にいられたらそれで十分だったのにね・・・。

 

微笑みながら言う雪乃でした・・・。

 

『青島くんはいじわる』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

※特定のサイトでのみ読むことができる作品もあります

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

『青島くんはいじわる』はめちゃコミックでのみ読むことができる作品になります!

※↑2020年9月時点での情報です。

なのでつづきが読みたい人はめちゃコミックに登録する必要があります。ちょっと制限されて大変ですよね。。。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

【青島くんはいじわる・17話の感想】

2人にっとては初めての喧嘩でしたね!

雪乃も青島もお互いの気持ちがわかって、すっきりしたようでよかったです!

それにしても読者の私たちは青島の気持ちがわかるからいいものの、雪乃ちゃん当事者だと無口な青島にもやもやしてしまいそうです。青島は青島で甘えてくれない雪乃に男としての頼られたいという気持ちを満たしてもらえない気持ちを感じてしまいますよね。何事も話し合い!勉強させていただきました(笑)さて、ラブラブな雪乃たち、次回は熱々な様子が見れるのかな?!

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です