『極主夫道』12話のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

極主夫道」第12話のネタバレと感想です。

本作はおおのこうすけ先生の漫画でウェブコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)に連載されました。元最凶のヤクザで現主夫業の不死身の龍の日常を描いたハートフルコメディ。2020年10月から玉木宏主演でテレビドラマ化の予定です♪

ヤクザでコワモテな主人公、龍(たつ)が見せる可愛らしいギャップにクスっと笑えるストーリです。ぜひお楽しみください♪

 

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

⇐前の話

【極主夫道12話ネタバレ】

 

――サンサンと照りつく太陽の下。

 

フリーマーケットが開催されていました。

 

かわいい猫のポーチを手に取る若い女性たち。

 

いくらですか?と聞くと、販売元はたつ・・

完全手作り200円と言う怪しい男に、客の女性は固まってしまうのです。

 

一か月前・・。

 

たつはミシンをかけています。

部屋を見ると、たつの趣味のもので部屋があふれていたため整理を込めてフリーマーケットに出すのはどうかと女性に提案されてしまうのでした。

 

そうしてフリーマーケットに出店することにしたたつですが、シノギの商売は慣れておらず売れません。

 

近所の主婦友が売れ行きを見に来てくれましたが、たつの作ったセーターなどは一般人向きではありませんでした。

 

そこに他のヤクザがシャバ代払えと因縁をつけてきます。

 

たつをみて、一番親玉だと思われるヤクザは“不死身のたつ”だと気づきます。一瞬で震えるヤクザ。

しかし周りの子分に示しがつかないと震える足を隠し、たつに言われたまま人気のない場所に場所をうつします。

 

どうやらこの目の前の男が“不死身のたつ”だと知っているのはボスだけのようで、子分は相変わらず威勢を飛ばします。

 

そして、たつはヤクザのシマのショバ代に理解を示し、ショバ代の代わりにわいろを渡そうとします。

 

そしていつものアタッシュケースから出てきたのは、かわいい猫ちゃんピーラー・・。

 

なんでも向けるピーラーだとセールストークを飛ばすたつ。

 

たつが伝説のヤクザだとしっているヤクザは、それを深読みしてしまい・・

 

爪をはがれるかとおびえてしまうのでした・・。

 

次に出てきたのは、サメさんシャクシャクミキサー・・。

 

今度はミンチにされるのではないかとおびえます。

 

ヤクザは心にダメージを追い続け・・、アヒルのおもちゃでクリーンヒットしてしまいました。

 

恐怖で気絶してしまったヤクザの横に、あひるちゃんをそっと置いてあげるたつでした。

 

『極主夫道』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

※特定のサイトでのみ読むことができる作品もあります

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

【極主夫道12話の感想】

ヤクザから足を洗ったもののしのぎ?ルールをあまり理解していないのか、ヤクザルールのはざまで揺れているたつでしたね。それにしても、どんな日にも柴犬エプロンなのがかわいい・・。主婦の友達もできてきているようで、特に困っていそうな様子はありませんでした。ヤクザだからなのかいつも面倒見がいいんですよね(笑)

そこを空回りして周りがてんぱって振り回されていくってストーリーなんですけど、本当よく考えられているなーってのが印象。こちかめのように続いてほしいなって思う作品です!

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です