『極主夫道』2話のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

極主夫道」第2話のネタバレと感想です。

本作はおおのこうすけ先生の漫画でウェブコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)に連載されました。元最凶のヤクザで現主夫業の不死身の龍の日常を描いたハートフルコメディ。2020年10月から玉木宏主演でテレビドラマ化の予定です♪

ヤクザでコワモテな主人公、龍(たつ)が見せる可愛らしいギャップにクスっと笑えるストーリです。ぜひお楽しみください♪

 

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

⇐前の話へ

【極主夫道2話ネタバレ】

 

 

――とある住宅街・・・。

 

うさんくさい顔のセールスマンが歩いている・・。

 

この近辺は、少し安そうなアパートが密集してたっている。

 

この男は、原価の安い包丁をシニア世帯が多く住んでいる住宅街で売り払って収益をあげているのだ・・。

 

かんかんと太陽が照りつく日・・。

セールスマンはチャイムを鳴らし、住民に通され玄関に入る。

 

目を上げると、そこには人を殺したばかりのような血まみれの男・・。

エプロンは血まみれ、手には包丁、目は血走っている。

そうここはたつの家ですね。(笑)

 

どう見ても殺人後のヤクザ風のたつの姿を見たセールスマンは取り乱します。

 

取り込み中ならと聞くセールスマン。

たつは捌いていたというとセールスマンは震えあがってしまいました。

 

ですが、ここはプロのセールスマンだ!と男は覚悟を決め、気持ちをふるいたたせ包丁をすすめるます。

 

包丁?と、すごむたつは現物の包丁で見事な手さばきを見せます。

 

冷静を装うセールスマンですが、内心はドッキドキです。

 

包丁を手に立ち上がるたつ。

 

最近横暴している、包丁詐欺ではないかとブツを見せてほしいと包丁を試そうとします。

そしてたつは見事な手さばきで魚をさばきお米を炒め、旗を刺してお子様ランチを作り上げてしまいます!

 

なんだこれ?ハンバーグプレートか・・!?

 

ちゃぶ台に座りセールスマンはハンバーグを口にするとふわっと高原が目の前に広がりました。

 

優しい味のお魚ハンバーグに懐かしい気持ちになったセールスマンは故郷を思い出します・・。

 

冷静になり横を見ると、包丁を持ったたつが・・。

なんで俺ここにいるんだろう、怖い。とセールスマンは、何もせず帰宅してしまうのでした。

 

『極主夫道』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

※特定のサイトでのみ読むことができる作品もあります

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

【極主夫道2話の感想】

包丁売りの悪い詐欺師のお話でしたね。

詐欺師が懐かしい味に感動し改心し詐欺師から足を上がる展開なのかな?と思ったけど、撃退してしまうってお話でしたね。たつは何も悪気もないんですけど、お笑い芸人のネタみたいにすれ違いがかみ合ってしまって話が進んでいくっていう謎の面白い展開!(笑)本当、面白いしキャッチ―な漫画です。単結なのもまた読みやすくていい。

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です