『極主夫道』43話のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

極主夫道」第43話のネタバレと感想です。

本作はおおのこうすけ先生の漫画でウェブコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)に連載されました。元最凶のヤクザで現主夫業の不死身の龍の日常を描いたハートフルコメディ。2020年10月から玉木宏主演でテレビドラマ化の予定です♪

ヤクザでコワモテな主人公、龍(たつ)が見せる可愛らしいギャップにクスっと笑えるストーリです。ぜひお楽しみください♪

 

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

⇐前の話

【極主夫道43話ネタバレ】

 

――時は過ぎ、正月。

 

ご近所さんと正月の挨拶を交わしているのは雅。

 

あけましておめでとうございます!

めでたいハズの1日ですが、なぜか雅の顔には元気がありませんでした。

 

雅にはお金がなかったのです・・・。

そして雅は、たつに落とし玉をもらいに行く作戦を立てます。

 

出迎えるたつはいつもと違う、正月エプロン!

初売りバーゲンにカチコミし手に入れたとうれしそうです。

(※「殴り込み」という意味の言葉です。)

 

兄貴の羽振りを持ち上げお年玉へ軽やかにスルーしようとする雅!

お年玉ではなく、余ったカレンダーをもらうことができました。(断った)

 

 

部屋に入ると、たつはちょうど書初めをしている最中でした。

雅も、書初めを書かせてもらうことにします!

 

大きな紙にでっかく「金欠」と書いて兄貴に金欠アピールをします!

しかしたつには、効きません。

 

今年の抱負を書くもんだと注意されてしまいます。

 

次は、おなかが鳴ってしまいます。

今度は雅のお金がなくて食べてないアピール!

 

たつは今度は気づいたのか、どこかに連れていかれる雅。

着いたのはアパートの庭、石臼と米が用意されており二人は餅つきをすることになり・・・。

 

丸く仕上がったお餅を、落とさないようにとお年玉にかけてダジャレをきめるも早大にスルーされ・・・。

 

わかってる、と出してきたのは“茶色い粉”(きな粉)

美味しく食べた後は、羽子板にいそしみます。

 

負けたたつの顔に、墨で落書きをするチャンスが回ってきてお年玉とかくも気づきません!

 

その後、雅のアピール合戦は続きます。

 

タコを落としたと、もみ合う二人。そこへチビがやってきます。

可愛くあいさつをするチビ(亮太)。

 

亮太は父とドローンを飛ばしています。

たつは、亮太にお年玉を渡します。

 

雅の努力は全くつたわりませんでした・・・。

 

『極主夫道』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

※特定のサイトでのみ読むことができる作品もあります

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

【極主夫道43話の感想】

お金が欲しくてほしくてアピールをし続ける雅ですが、まさかのすでにポケットに持っていて・・・。それは亮太のぶんだったというオチ(笑)

ヤクザさんって盛大に大金あげるイメージありますけど、なんせたつは専業主夫だからね(笑)美久へのプレゼントを買うためにパートにでちゃうピュアピュアでかわいい一般人だからね、こう見えて・・・(笑)

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です