『わたしの幸せな結婚』分冊版10巻のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

ガンガンONLINEで連載されている「わたしの幸せな結婚」分冊十巻のネタバレと感想をお送りします。

⇐前の話へ

「わたしの幸せな結婚・分冊十巻のネタバレ」

斎森家から帰宅した清霞を出迎えるゆり江と未世。どうも未世の様子がおかしい。

挨拶も早々に、自室へと引き上げてこもってしまった。

ゆり江から街中での出来事を聞いた清霞だが、落ち込んでいる女性を元気づける方法がわからない。今までにも目の前で落ち込んでいる女性を見てきたが、戸惑うばかりで何もしてやることができなかった。

今の未世は、自信をなくし、自分にガッカリしていまっている。そんな未世にどうやって自信を持たせてやれば良いか見当もつかないのだ。

 

「女は愛されて自信をつけるものですよ」

 

清霞の様子を見たゆり江がアドバイスを送る。清霞が未世に優しく接し、大事にするだけで、未世は心強いはず。

自分の気持ちが愛情と呼べるのかわからない清霞だが、自分の想いを伝えることにした。未世が抱え込んでいる心配は、そのうち気にしなくてもよくなる。話はいつでも聞く。

しかし未世の様子は戻らず、一週間を迎えることとなった。

職場で浮かない顔をする清霞に、五道が声をかける。五道は清霞から依頼された任務の報告と、翌日に控えた大事な役目について段取りの確認にきていた。翌日の役目について念押しをする清霞であった。

 

その頃未世は、自室で組み紐を編み上げ終えていた。清霞のそばにいたい。しかし、そばに居るからには自分のことを全て話さなければいけない。未世が異能を持っていないと知られれば、久堂家にいられなくなる。清霞に二度と会えなくなると思うと、どうしても自分のことを話すことができない。

 

そんな思いから自室にこもりきりになってしまった未世に、来客があった。「まさか香耶が?!」そう身構える未世だったが、現れたのは意外な人物であった。

幼少の頃、斎森家の使用人として未世の数少ない理解者であった「花」が訪ねてきたのだ。昔から優しい顔つきであった花だが、今は包み込むような優しい雰囲気を持っていた。

 

「お嬢様は今、幸せですか?」

 

そう問われた未世は、答えることができなかった。すると花は話始める。

斎森家から解雇され、縁を切られた花は、未世に合わせる顔がなかった。しかし、それでも何とか久堂家へこれたのは、未世を案じた清霞が渡りをつけてくれたからであった。

そのあまりにも意外な話に、ただただ驚く未世であった。

 

『わたしの幸せな結婚』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

「わたしの幸せな結婚・分冊十巻の感想」

久堂家に嫁いで以来、何もかもが上向きになっていたにも関わらず、香耶と出会ったことによって自己嫌悪に陥った未世。すっかり自信をなくして部屋にこもってしまいました。そして、そんな未世を武器用ながらもサポートする清霞。

部下の五道へ、花の捜索を依頼し、久堂家まで来てもらえるように手配したのは素晴らしい手腕でした。言葉では上手く伝えられないですが、未世にとって必要なことは何か?そういうことをしっかり考えているのがわかります。

花の登場によって、未世は失った自信を取り戻すことができ、今まで吐き出せなかった自分の秘密を清霞へと伝えるkとおができるのか?そして、未世の秘密を知った清霞はどのような判断を下すのか?目が離せない展開になってきました。

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です