『わたしの幸せな結婚』分冊版14巻のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

ガンガンONLINEで連載されている「わたしの幸せな結婚」分冊十四巻のネタバレと感想をお送りします。

⇐前の話

「わたしの幸せな結婚・分冊十四巻のネタバレ」

未世が拉致された!

家路についたハズのゆり江がとんぼ返りして清霞に知らせた。未世を拉致した犯人には心当たりがある。

常日頃、未世に持たせていた「お守り」には、式神から身を隠す効果があった。ここ最近、清霞の周りを探るように飛び回っていた式神の術者が犯人だろう。

清霞の力を持ってすれば、単身で辰石家に乗り込み、制圧することは可能。しかし、確証もなく乗り込んだりすれば、それこそ足元をすくわれる結果になりかねない。思慮する清霞の元に、思いがけない来客が訪れる

 

清霞の元を訪ねてきたのは辰石幸次であった。

幸次は思いつめたような表情で、今回の事件について語りだした。

事の発端は香耶のワガママであった。久堂家との婚約を未世から香耶へ移し替えろと言い出したのだ。当然そんなことできるわけない。

しかし、当人である未世が望めば、婚約の移し替えができる。そう考えた香耶が未世を拉致し、無理やり婚約を破棄させるつもりだったのだ。

辰石家当主と香耶が密談しているところに乗り込んだ幸次は、決死の覚悟で拉致計画を阻止しようとしたが、戦闘訓練を受けていない幸次が敵う相手ではなく、呆気なく返り討ちにあったのだ。拿捕された幸次を逃がしてくれたのは、兄である一志。幸次の覚悟が本物なのを見て、監禁を解き、逃がしてくれたのだ。

 

事件の真相を知った清霞は、幸次とともに辰石家へと車を走らせる。道中、あまりにも落ち着き払った清霞を見ると、とても未世を案じているようには見えない。

いくら能力が高くとも、清霞が未世を見捨てたなら、未世は永遠に苦しみから逃げられない。そんな苦しみが続くのであれば、いっそ自分が未世を・・・。そんな考えが幸次の脳裏をよぎっていた。

 

辰石家に到着した二人。しかし、門は固く閉じられている。普通に声をかけてもあけてもらえるはずもないと清霞に相談する幸次。

 

「問題ない」

 

清霞が一言つぶやき、右手を軽く振るうと、堅牢な門扉が大爆発を起こし、文字通り粉みじんに吹き飛んだ。

清霞が異能で爆発を巻き起こしたのだ。

 

「行くぞ」

 

何事もなかったかのように、幸次を従えて辰石家に乗り込む清霞であった。

 

『わたしの幸せな結婚』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

「わたしの幸せな結婚・分冊十四巻の感想」

ついに動き出した辰石家と香耶。辰石家を再興するために、どうしても「薄刃家の血筋」がほしい。そのためには、斎森家が未世の血筋の重要さに気づかぬよう、そして未世が孤立して、誰からも相手にされないようになることが最も都合が良い。

理屈はわかるのですが、人間として最低な思惑をもった辰石家当主。と、自分のワガママを押し通すためだけに姉を拉致する香耶。なかなかの悪役タッグです。

この悪役タッグを、どのように清霞が駆逐するのか?そして、拉致された未世をどのような結末が待っているのか?今後の展開に期待が高まります!

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です