『わたしの幸せな結婚』分冊版3巻のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

ガンガンONLINEで連載されている「わたしの幸せな結婚」分冊三巻のネタバレと感想をお送りします。

⇐前の話へ

「わたしの幸せな結婚・分冊三巻のネタバレ」

帝国陸軍「対異特務小隊」の執務室において、久堂清霞は今朝のできごとに思いを巡らせていた。

いくら初対面の相手とは言え、いきなり「毒を盛った」は言い過ぎだった。そして、それ以上に未世のことが気にかかっていた。身に着けている着物は、古着とも呼べない粗末なもの。やせ細った首元や手首。あかぎれだらけの手先。痛んで艶もない髪。自分と話す時、未世には表情がない。

今まで縁談が持ち上がった令嬢は、質素な暮らしを嫌悪してしまう者。清霞には媚を売りつつ、裏でゆり江に嫌がらせをする者。清霞を理解しようとせず、一方的に自分の要求を通そうとする女性しか見てこなかった。

同じ名家の令嬢なのに、明らかに未世は異質だ。

帰宅し、出迎えた未世に今朝のできごとを謝罪される清霞だったが、自分もきつく言い過ぎたことを詫びる。

 

一方の未世は、清霞を畏怖していた。清霞に「毒を盛った」と言われた時の、冷たい表情と、重い声。笑顔もなく、冷たく言い放った清霞の美貌が、さらに恐怖感をあおる。

しかし、その反面、帰宅早々に「食事はとったのか?」と声をかけた清霞が、少なからず自分のことを気にかけてくれていることを感じ取った。

 

些細な会話を交えながら夕食を取る清霞だったが、1つ質問するたびに「申し訳ありません」と答える未世。それは幼少期からの継母、香耶による、度重なる罵倒や嫌がらせへの反射反応であった。

そんな未世に、清霞は「もう謝るな」と声をかけるのであった。

 

『わたしの幸せな結婚』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

「わたしの幸せな結婚・分冊三巻の感想」

わたしの幸せな結婚。分冊三巻では、ついに「異能」の部分が少しだけ判明しました。清霞の率いる「対異特務小隊」その任務内容は、国内で発生する怪異に関係する、あらゆる案件に対処すること。隊員は、ほぼ全員が怪異を「見る」ことができる「見鬼の才」を持つ。あるいは、それ以上の人知を超えた能力を持つ者もいる。特務部隊が実稼働している部分はわかりませんが、今後明らかになっていくでしょう。

そして、清霞と未世の過去が少しだけ明らかになります。

「冷酷非道で3日ともたず結婚をあきらめる」と言われていた清霞でしたが、それはワガママを押し通そうとする婚約相手が、自分の目線で一方的に流した噂だとわかります。

そして、未世が最初から今のような性格ではなく、何か言葉を発すると、謝罪以外の言葉を口にすることが許されなかった環境で産まれてしまったのだとわかります。

まだまだお互いがわかり合えるにはほど遠い関係ながら、少しでも相手のことを知ろうとする清霞と未世の姿が描かれていました。

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です