『わたしの幸せな結婚』分冊版6巻のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

ガンガンONLINEで連載されている「わたしの幸せな結婚」分冊六巻のネタバレと感想をお送りします。

⇐前の話へ

「わたしの幸せな結婚・分冊六巻のネタバレ」

ついに清霞と未世が二人で外出。二人が最初に向かった先は・・・清霞の職場であった。

職場に到着すると、清霞の部下がきさくに声をかけてくる。部下の名は五道。いささか軽薄に見える言動だが、清霞も一目おいくほどの実力者のようだ。

職場から街へと移動する二人。未世に行き先の希望を聞くが、連れ立つだけのつもりであったた未世には行き先は決められない。

清霞は、未世を連れて様々な店を巡り歩く。斎森家では外出することもできず、久しく街中を散見することのなかった未世は、物珍し気に景色にみとれる。そんな未世に「楽しいか?」と声をかける清霞。

ふと気づけば、清霞は未世と離れず歩いている。二人の背丈は頭一個分以上も違う。背の高い清霞が、未世と並んで歩くということは、未世の歩調に合わせて歩いているということだ。

そんなさりげない清霞の気遣いに、「この人のどこが冷酷無慈悲なのか?」と噂を否定しつつ、「自分が清霞に釣り合う女性であれば、ずっと清霞についていくのに・・・」と考える未世であった。

 

やがて二人は呉服屋へと到着。ここは久堂家御用達の店であり、今日の清霞の目的地。

店主の女性と何やらやりとりする清霞。どうやら、事前に店主に品物の選定を依頼していたようだ。

依頼の品を確認するため、店主と二人で奥に入る清霞。ゆり江から未世の報告によると、未世は自分の着物を繕っている。そして、それを清霞やゆり江に知られたくないようだ。

ゆり江からの報告に加え、久堂家に来てからの未世の着物を観察していた清霞だが、来ている着物がどれもボロボロであることに気づき、心を痛めていたのだ。

店の中で店主と品定めをしている最中、淡い桜色の反物に目を止める清霞。その反物を身にまとった未世を想像するが、そんな自分に戸惑い、慌てて想像を中止する。

一通り品定めも終わり、店主に数点の仕立てを依頼する清霞に、店主が改まって進言する。

 

「未世を絶対に手放してはいけません。髪も肌も顔も、計り知れないほどの伸びしろがある!」

 

そう断言する店主。そして、これからいつまでも未世の仕立ては自分の店で行うように冗談を飛ばす。

 

「それも悪くない」

 

店主の冗談に思わずそう考える清霞であった。

店主とのやり取りが終わり、未世の元へ戻る清霞。未世にも入用がないか尋ねるが、当然未世は何もねだらない。この日清霞は、呉服屋へ来ることを未世に教えていなかった。事前に伝えていれば、自分のために高価な品物を買うことで、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、死にそうな顔をすることがわかっていたからだ。

そんな気遣いをする清霞と未世を温かく見守る店主であった。

 

『わたしの幸せな結婚』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

「わたしの幸せな結婚・分冊六巻の感想」

六巻は未世と清霞のお買い物デートが中心の話です。少しずつ慣れてきたとは言え、まだまだ他人行儀な未世。

そんな未世を優しくエスコートする清霞が印象的です。また、登場する呉服屋の店主は目利きが鋭く、瞬時に未世のポテンシャルを見抜きます。

普段の姿が「農民以下の古着」と言われるほどの未世が、今後どれほど「大化け」するのか楽しみですね。

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です