『わたしの幸せな結婚』分冊版8巻のネタバレと感想レビュー!【無料で読む方法も】

 

ガンガンONLINEで連載されている「わたしの幸せな結婚」分冊八巻のネタバレと感想をお送りします。

⇐前の話へ

「わたしの幸せな結婚・分冊八巻のネタバレ」

清霞からの贈り物へお返しをしたい未世。ゆり江に相談し、手作りの「組み紐」をお送ることにした。

組み紐の材料を買うため、清霞に街への外出許可を求める未世。一人ではなく、ゆり江と出かけるのだが、清霞は心配でしかたない。「知らない人には付いていくな」と親のように心配し、出かける際には「お守り」を持たせるのであった。

 

その頃、香耶と結婚した幸次は、重苦しい空気の辰石家で過ごしていた。斎森家にいた頃の未世にとって、数少ない心の拠り所であり、結婚することも考えられたが、その想いは届かず幸次は香耶と結婚してしまった。

幸次は家柄にも能力にも恵まれており、人としての優しさも持ち合わせている。唯一の欠点は「臆病」であること。本人が望まない縁談なのに拒否することも文句を言うこともできない。それは優しすぎる幸次の欠点である。そう思われていた。

しかし、実は幸次が香耶と結婚した理由は他にもあった。斎森家の婿養子になったのは、斎森家で内側から香耶を見張ることによって未世に被害が及ぶことを防ぐためである。幼少から兄妹のように育った未世を虐げてきた香耶と何十年も過ごさなければいけないが、こうすることで未世を守る覚悟をもっていたのであった。

 

街へとでかけた未世とゆり江は、組み紐の材料の目利きを行っていた。清霞の容姿に合うような色合いや、普段使いの髪留めのことを考え、いろいろ迷ってしまう。しかし、それが苦ではなく楽しい。

与えられた仕事をこなし、理不尽に耐える日々を送るうちに、誰かのために何かをするという楽しさ忘れてしまっていたのだ。

材料の選定も終わり、ゆり江が別件の買い物をするためその場を離れた。すぐ近くの店なので、その場で待つことになった未世だが、一人になると急に心細さがこみ上げてくる。

その時、不意に未世へ声がかかる。

 

「あらお姉さまじゃない」

 

振り向くと、そこには香耶と幸次の姿があった・・・。

 

『わたしの幸せな結婚』を無料で読むには?

マンガを無料で読む方法としてまずおすすめしたいのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。

「31日間無料トライアル」のルールがあるので、その期間で使い勝手を確かめつつ、良いと思ったら登録するのがいいと思います!

「31日間無料トライアル」では、600円分のポイントを利用することができるので、無料で気になるマンガを読むことができます。

無料トライアルが終わるまでに解約すれば、一切料金は掛かりません。

他にマンガをお得に読めるサービスは次のものがあります。

参考にしてみてください👇

U-NEXT(ユーネクスト) 31日間無料トライアルで600円分のポイントが貰える
ebookjapan(イーブックジャパン) 初回ログインの方は50%オフクーポンが貰える
music.jp 30日間無料お試しで600円分のポイントが貰える
FODプレミアム 2週間無料体験で900円分のポイントが貰える&書籍購入で20%ポイントバック
まんが王国 無料会員登録で50%オフクーポンが貰える

 

「わたしの幸せな結婚・分冊八巻の感想」

八巻では、今まで常に暗い影を帯びて生活していた未世が、初めて年相応の女性のような表情を見せました。清霞のことを想いながら、組み紐の材料を目利きする姿は、今までになく明るいものでした。

ゆり江との仲も良好そのもので、久堂家に来て以来、全てが良い方向に向かっている気がします。

一方、久しぶりの登場となった幸次は、一巻で見せた弱々しさと裏腹に、強い覚悟を持っていたことが判明。未世を慕いながらも、香耶との結婚に踏み切った背景がわかります。

そんな二人が香耶を交えて出会ってしまいましたので、何も起こらないハズがありません。ここから香耶と未世がどのような展開を見せるのか楽しみです。

次の話へ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です